婚活比較ライフトップ > デートコースに迷ったら

デートコースに迷ったら

「会話のネタに困ったら」に続いて、
お役立ち特集第2弾。
今回は「デートコースに迷ったら」。

デートコースって、付き合ってしばらくするとマンネリ化してしまいますよね。

タイプ別デートコース、デートコース情報源の仕入れ方、デート中の注意点など、今回は主に女性に向けてのコラムになりますが、男性の方も是非参考にしてみてください。

  

男性に任せっきりは、よくありません。

「デートコースは男性が考えるもの」なんて思ってませんか?プランを立てるの、結構大変みたいですよ?
たまには「ここに行きたい」と提案してみましょう。

●ドライブ編
代表的なドライブデートですと、都心から1~2時間圏内の娯楽施設や温泉などに行くコースが多いですね。個人的には温泉いいですね。
水着で入れる温泉施設や貸切混浴があれば、なおいいです。二人で楽しめますから。温泉ですと、入浴の後に部屋で休める日帰りプランなどを予約しておくとのんびりできます。

がっつり遊びたいときは遊園地デートがオススメ。丸一日楽しめます。
できれば、翌日も仕事が休みの際に実行したいプランです。

また、特に目的を決めないドライブも時には楽しいかもしれません。
最終的な目的(例えば「海を見る」や「山に行く」)だけざっくりと決めて、当てもなくさまよってみるのも新鮮かもしれませんね。
「目的がない」というのが苦手な男性もいるので、事前に確認が必要ですが。
わたしは一度、思いつきで都内から「高速道路を使わずに名古屋へ行く」というドライブをしたことがあります。
いや~、運転疲れで彼は不機嫌になってしまうし、大変でしたね。これはオススメできません。
さすがに帰りは高速道路で帰りましたが、今思えば当時の彼はよく付き合ってくれたなと。
ドライブでは男性が運転することが多いかと思いますが、助手席って眠いんですよね。あの心地よさは、なんですかね。
しかし、何も言わずに寝てしまうと彼が嫌な思いをしてしまうので、帰り道でどうしても眠いときは「少しだけ眠ってもいい?」と一言断りを入れましょう。

●電車編
たまには、車ではなく電車でお出かけしてみませんか?
車のほうが安く済むこともありますが、電車の旅もなかなか素敵ですよ。とくに、地方のローカル列車はノスタルジックでかなり癒されます。
ゆっくり田園風景を走る列車って、心がほっこりします。都会の喧騒から逃れて、大好きな彼と二人だけの世界に没頭できますよ。

●バス旅行
バスのパックツアーに申し込んでしまうというのもオススメです。ツアー内容や曜日によっては、他のお客さんがおばちゃんばかりというシチュエーションもあり得ますが、電車ほど歩かなくて済みますし、運転疲れの彼を気遣う必要もないのでとってもラクです。帰りの車内では、二人で寝てしまってもOKですし。

目的地が明確に記されていない「ミステリーツアー」なんていうのもあるので、マンネリデートでお困りのカップルには楽しめそうです。
目的地のヒントで行き先が分かってしまうツアーもありますが、都心から日帰りできるツアーがほとんどなので使える手だと思いますよ。

情報源

デートコースの情報は、どこで仕入れますか?
●情報誌
オススメなのが、その土地のコンビニでGETできる情報誌。
観光地のコンビニは、その土地の情報誌が充実しています。現地に着いてから情報誌を見てどこで何をするか決めるというのも面白いですね。
少し話しが逸れますが、立ち寄ったコンビニでついでにご当地お菓子も探してみましょう。
「定番お菓子の○○味(○○地方限定)」なんてレア商品が見つかるかもしれませんよ。

●インターネットでの検索
ネットでは、リアルタイムでのクチコミ情報を見ることができるので大変便利です。
また、「デートコース」と検索すればいろいろな地域でのデートコースの情報を得ることができます。

私が検索したときは、横浜中華街周辺のデートコースがヒットしました。
知っている地域の知らない情報が得られて、大変参考になりました。

●番外編
現地の地元の方に聞くという手もあります。
タクシーの運転手さんに「ここら辺で、オススメのスポットってドコですか?」と尋ねてみましょう。観光雑誌には載っていない、穴場スポットを教えてくれるかもしれません。

私は交番でも聞いちゃいます。すごく丁寧に対応してくれますよ。

お出かけデートでの注意点

せっかくのおでかけ。NG行動をしないようにしましょう。
●彼が道に迷っても責めない
「○○くんがこっちって言ったんだよ?違うじゃん!」なんて、言ってはいけませんよ?知らない土地では、道に迷うこともあります。それはしょうがないことですし、「男性は地図が読める」という一般論に当てはまらない男性だっています。
方向が分からず、地図をぐるぐる回しちゃう男性だっているのです。
男性は、女性に尊敬されたいと思う習性があるので、責めたりしたらかわいそうです。
寛大な気持ちで見守ってあげましょう。

●「疲れた」を連発しない
お出かけ終盤になってくると、疲れているのはあなただけではありません。彼も同じです。
あまりにも「疲れた~」を連発すると、彼のテンションもガタ落ちで険悪ムードになりかねません。
むしろ「疲れてない?」と彼を気遣ってあげられる心の余裕を持ちましょう。

●帰宅したら必ずお礼メール
デートの後は、「今日はありがとう。楽しかったよ。また遊ぼうね」のように、必ずお礼メールをしましょう。
彼は「今日のデート、楽しんでくれたのかな」と不安なはず。
そして、「また誘ってもいいのかな」とも思っているので、文頭のようなメールを送れば喜んでくれますし、次回のデートにもつなげやすくなります。

番外編

●外出だけがデートじゃない
金銭的なことを考えると、出かけてばかりはいられませんよね。
そんなときは、おうちでお料理デートがオススメです。

二人で何を作るかを考えて、二人で食材のお買い物へ行って、二人でお料理します。意外と、彼の包丁さばきが華麗だったりするかもしれませんね。
ひとつのものを作り出すという共同作業から、二人の距離もますます縮まること間違いなしです。これは、男性の家事力も見ることができるので将来の参考になります。
「もし彼と結婚したら時々料理もしてくれそう」などの発見があったら嬉しいですね。